nampinaの日記

気の向くまま撮影記

金太郎 EH500-24 日本海縦貫線へ

JR形式 EH200/EH500機関車の新規入線計画に伴う誘導障害試験が各地で始まっている。

災害に伴う、迂回路確保等様々な理由で今迄見られなかった線区での営業運転が今後期待される。

コンテナ死重満載での19両を牽引して手始めに富山貨物タ~秋田貨物間の臨時スジ

(9061ㇾ)にて昨日運転されたが、新潟地区大雨によるダイヤ乱れ等の理由で新潟タで運転打ち切りとなった。

 

こちらは米山俯瞰のお立ち台ではあるが、当日は朝から駅構内の信号機故障が発生。下り列車が全て米山駅に一旦停車し、指令との安全確認を取っての出発を繰り返していた。

f:id:nampina:20210713231348j:plain

 

f:id:nampina:20210713231411j:plain

 

EL横川ナイトパーク

横川鉄道文化村恒例の夜間営業に伴う夕刻便の臨時列車が運転された。

前回運転時PトップことEF65-501が抜擢され、今回往路側に連結されるとの事で、

夕方の雷雨天候予報とにらめっこしながら参戦してきました。

 

工臨牽引とは異なり、ブルトレを彷彿させる久しぶりの青い12系客車の牽引。

カマと客車の横ラインが整った編成美はやはりいいものです。

 

f:id:nampina:20210711203344j:plain

 

後部D51もプッシュプル宜しくかなりの力行で煙モクモク状態でした。

後藤デフに差し替わっていたのはサプライズか?

f:id:nampina:20210711203404j:plain

 

帰りの便は高崎駅停電騒ぎの影響で遅延しての出発。

その間、横川駅は撮影会状態でした。

f:id:nampina:20210711203443j:plain

 

文化村も20:00迄の延長営業により、展示車両の各車ライトアップを実施。

普段とは違った夕暮れ時の風景が新鮮でした。

f:id:nampina:20210711203416j:plain

f:id:nampina:20210711203429j:plain

 

クモヤ143+クモヤ193

7/3に田端運転所にてEF65-PFを並べての有料撮影会が行われた模様。

従来は各工場や車両基地にての一般公開や撮影会がごく普通に開催されてきたが、

コロナ渦以降、参加者数を限定しての有料撮影会が主流となってきている。

主催者も最近の過激でマナーの悪い輩を排除し、旅客収入減を補う意味でも今後は

このスタイルのイベントが普通になってしまうのであろうか?

 

こちらは2012年8月に行われたTK(東京総合車両センター)公開でのフタコマ。

来る7/31には右のクモヤ143系の有料撮影会が行われる予定とのこと。

以前はこんな事業用車両なんてついでの展示程度だったが、時代は変わったものだ。

f:id:nampina:20210708223523j:plain

左のクモヤ193系とのツーショットは、今となっては中々レアな組み合わせであった。

f:id:nampina:20210708223458j:plain

 

千歳線のDD51タキ

鷲別機関区のDD51が石油輸送を行っていた頃。

朝方、長編成のタキを引き連れてやって来る重連DD51を撮影する為

新千歳空港でマルヨしてタクシーで沿線迄往復したのも今となっては

良い思い出。

f:id:nampina:20210704220419j:plain

 

北上線工臨返空

北上工臨チキ10Bの返空に初めて参戦。

発送便はDE10×2による深夜時間の運転で撮影不可だが、以前は撮影出来たらしい。

キヤE195に置き替えられるのもそう遠くないであろう。

f:id:nampina:20210619211111j:plain

 

赤いトラス橋とのコントラストが美しい。

f:id:nampina:20210619211129j:plain